赤西仁 脱退の本当の理由

ここでは、赤西仁 脱退の本当の理由 に関する情報を紹介しています。
画像 画像 画像 画像

* 亀梨和也 情報ブログ 動画 KAT-TUN  *
画像
画像
画像

亀梨 和也(かめなし かずや、1986年2月23日 - )は、ジャニーズ事務所の6人組グループ・KAT-TUNのメンバー。

1998年11月8日、ジャニーズ事務所に入所。事務所入りの経緯は、いとこが履歴書を出し、野球練習後の彼を父がそのままオーディションに連れて行き合格。KAT-TUNメンバーの赤西仁、中丸雄一も同じオーディションだった。
2001年4月、KAT-TUN結成。
2004年4月、滝沢秀明主演の舞台「Magical Musical DREAM BOY」で代役として主演を務めた。2005年4月のKAT-TUN&関ジャニ∞編「Hey!Say!DREAM BOY」では主役として公演。物語中にロープアクロバットなどがあり、肉体改造して無事務め上げた。2006年1月に「DREAM BOYS」が公演。
2005年1月、『ごくせん』第2シリーズにメンバーの赤西仁と出演。この出演を機に世間から注目され始める。
2005年10月、『野ブタ。をプロデュース』にNEWSの山下智久と出演。この一環で、山下と同年12月までの期間限定ユニット「修二と彰」として主題歌の「青春アミーゴ」を発売。同年11月27日に2005年初のミリオンセラー達成。
2005年は『ごくせん』『金田一少年の事件簿(三代目)』『野ブタ。をプロデュース』で性格の違う高校生役を演じ分けたことから、その演技力を高く評価されている。『ごくせん』では小田切竜役を好演してザテレビジョンと日刊スポーツで助演男優賞を受賞し、『野ブタ。をプロデュース』では桐谷修二役を好演してザテレビジョン主演男優賞を受賞した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本日は毎度のようにショッピングセンターに寄ってきました。 目的は亀梨和也です。 この間から亀梨和也を探していたのです。
さて、帰宅してネットで亀梨和也を調べてみるといくつか発見できたので紹介しておきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気絶頂グループの中心メンバーで、この先もスターの座が約束されている赤西がなぜ? 
最新KATTUN情報をチェック
その疑問に「本人が自分の口で言いたい」(ジャニーズ事務所)との理由で緊急会見は開かれた。 が、赤西の話を聞けば聞くほど、???と疑問符のつく発言が続いた。 Tシャツの上からジャケットを羽織り、迷彩柄のパンツにスニーカーというラフな格好で現れた赤西は 「まず、この騒ぎを起こしたことに関しておわびを申し上げます」と軽く会釈。リポーター陣の矢継ぎ早の質問に動じることなく一言一言、淡々と応えていった。  赤西によると、海外留学を考え始めたのは17、18歳のころで、KAT-TUNが結成された時期と重なる。  その思いを抱えたまま5年が過ぎ、日本テレビ系「24時間テレビ」のメーンパーソナリティーを務める 直前の8月上旬に、事務所に休業を切り出した。 メンバーには同下旬に思いを明かし、 「全員が『それぞれの人生だから』と言って許してくれた」という。 海外留学の具体的内容に関して「語学留学をしたいからですが、英語かどうかはいえません。ホームステイ? それについてはノーコメントで」と歯切れが悪い。 核心 部分の引退や脱退についても「頭にない」と否定しながら、「必ず戻ってくる?」の質問には「それも状況次第で、分かりません。今は語学のことしか考えてないですから」とここでも明言を避けた。  さらに、女性関係や結婚が理由か?との質問には「違います」と即答したが、そのタイミングで 中丸雄一(23)と田口淳之介(20)が会見に参加。 リポーターが突っ込みきれないまま、話は別の方向へそれていった。 赤西は「事務所の人たちは『自分が思い描いているものを吸収できたらそれでいい』と言ってくれた。 自分のやりたいことができたら(日本へ)戻ってきたい」とした上で、最後に「迷いはないです」と言葉に力を込めた。 ファンは赤西が再びステージに立つ日を待っているが、果たしていつになるのか…。 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061013-103406.html 表舞台では見せなかったが、人気絶頂のKAT-TUNの中で赤西のテンションだけは下がりまくっていた。 「赤西のワガママを容認していたのは事務所のトップだけ。他の幹部連中は赤西の言動に辟易していた」 (同)のが実情だ。 それが如実に表れたのが8月末、写真誌にキャッチされた"お祭りツーショット"の一件だ。 「あの時の事務所の対応はおかしかった。デートの状況を聞いて出版社サイドに、2人きりで行ったことにしていい、って話してるんですよ。本来なら逆でしょ。2人で出かけても、グループで行ったことにしてと交渉するのがこれまでのジャニーズだったハズなんですけど…」と同幹部は振り返る。 そんな赤西でも「ジャニーズのトップからは守られていた。ただ、ずっと亀梨を取るか赤西を取るかの選択で悩んでいたけど結局、ドラマ『サプリ』の出演に亀梨を起用したように、赤西ではなく亀梨を選択したんです」(テレビ関係者)。 この選択に赤西も爆発した。 「赤西は『約束も守れないのに付いていけるか!』って完全にキレたそうです。6月頃の話でしょうが、この辺りから『辞める』ことを考えていたと言われてますよ」と同テレビ関係者。 ただ、この時点では赤西に対するフォローもあった。 「実は来年の8月にはソロコンサートが決まっていたんです。赤西本人も『やったよ。ソロコンだよ』って喜んでいましたし。 それでもジャニーズ全体を見たらKAT-TUNから赤西を外さなければいけない事情もあったんです」とある制作会社関係者。 その「事情」というのが「KAT-TUNをSMAPの後継グループにする」計画だ。 SMAPは来年、今以上にソロ活動に力を入れていく方針。その間にKAT-TUNをSMAPの地位にまで引き上げるシナリオがあるという。 だが、残念ながら今のKAT-TUNにはSMAPほどの「結束力」はない。特に亀梨と赤西の不仲は深刻で、内部分裂の危機を孕んだ"爆弾"でもあった。 騒動が起きる前に赤西を外し、亀梨中心で進めようと判断したようだ。 事実、今年の夏頃には「ジャニーズの幹部は来年、赤西以外の5人のメンバーを重点的にドラマ出演させていく、と話していたんです。その時は、なんで赤西をプッシュしないのか不思議でしたけど…」と前出のテレビ関係者。 留学は結果的に本人の希望を叶えてあげた形だが、「KAT-TUNの人気をもう一段階上げるために、どうも留学と言い出すように仕向けた感じはありますよね」(同)。体裁を整えた"追放劇"と言っても過言ではないのだ。 帰国後にはメンバー復帰も示唆しているが、某芸能プロマネジャーは「そんなワガママを許すほどジャニーズは甘くない。籍もそのままジャニーズに置いとくようですが、KAT-TUNに復帰するようなことがあれば、後輩にも示しが付きませんから。芸能界引退とは言わないけど、帰ってきても冷や飯ですよ」。 赤西の決断は、自らを苦境に追い込むものだったのかもしれない。 東スポより プロフィール 身長:176cm 体重:61kg  足のサイズ:26.5cm 血液型:O型 星座:かに座 来歴・人物 東京都江東区 弟とは3歳差。 愛犬3匹を飼っている。 名前は「テン」「マル」「ピン」。 テンとマルはポメラニアンでテンはマルのお父さん。ピンはトイプードル。 NEWSの山下智久、D-BOYSの城田優と仲が良い。 音域が広く、驚異の高音の持ち主である。 錦戸亮や亀梨和也とハモる時も上パートを歌う。 KAT-TUN初の冠番組・「KAT-TUN×3」で、 決められたグループ内の担当は「セクC」。 ジャニーズ事務所入所:1998年11月8日。 KAT-TUNの亀梨和也と中丸雄一と同期。
スポンサーサイト
画像
画像
画像
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamenashika.blog78.fc2.com/tb.php/96-b206a22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

芸能ニュース

亀梨和也ニュース

SEO対策:KAT-TUN SEO対策:亀梨和也 SEO対策:ブログ SEO対策:動画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。